機能アイコン解説

 
アイコン 詳細 備考
SI/F。ユニパルス製周辺機器を接続するための2線式シリアルインターフェイス。主なウェイングコントローラやデジタル指示計に標準搭載されています。 一部未搭載の機種有り
RS-232C。ホストコンピュータからの指令により、重量データや各種ステータス、設定値の書き込み(変更)や読み出しを行なうインターフェイス。 オプションで提供
一部標準装備機種有り
RS-485。RS-232Cよりも長距離の通信ができ、さらにID番号を設定して複数台の指示計をパラレルに接続できるインターフェイス。 オプションで提供
一部標準装備機種有り
USB。低中速周辺機器とパソコンの接続をすべて同じコネクタとケーブルで統一するためのインターフェイス。プラグアンドプレイに対応しています。 F490A、UL81、UL82、UL84標準装備
BCD出力。指示計の重量データを各種周辺機器へ送信するためのパラレルインターフェイス。 オプションで提供
BCD入力。各種設定値を外部機器から受け取るためのインターフェイス。 オプションで提供
D/Aコンバータ。重量データを電圧/電流信号に変換して出力するインターフェイス。 オプションで提供
カレントループ。周辺機器を接続するための2線式シリアルインターフェイス。 オプションで提供
一部標準装備機種有り
2chのアナログ入力機能、3chのアナログ出力機能を持ち合わせたコンバータです。 オプションで提供
パルス入力インターフェイス。 オプションで提供
一部標準装備機種有り
Ethernet。LANに接続するためのインターフェイスです。 オプションで提供
PS/2 I/F。キーボードを接続するためのインターフェイスです。 F890標準装備
DeviceNet I/F。ODVAが提唱するDeviceNetと指示計をダイレクトに接続し、ネットワークを組むためのインターフェイス。 オプションで提供
CC-Link I/F。三菱電機CC-Linkと指示計をダイレクトに接続し、ネットワークを組むためのインターフェイス。 オプションで提供
PROFIBUSフィールドバスのスレーブデバイスとして接続することができるインターフェイス。 オプションで提供
ユニパルス製セットポイントユニット用インターフェイス。 オプションで提供
制御信号出力。
上下限比較。
マルチ上下限比較。複数のホールドで上下限比較をおこなう機能です。
波形比較。ダイナミックに変化する波形をバンド内外比較する機能です。
センサ入力に比例したアナログ電圧を出力することができます。
充電式電池により動作します。
プリンタ(ロール紙)に対応しています。
プリンタ(帳票)に対応しています。
プリンタ(単票)に対応しています。
デジタル処理能力4000回/秒です。 A/Dコンバータ速度
デジタル処理能力3000回/秒です。 A/Dコンバータ速度
デジタル処理能力2000回/秒です。 A/Dコンバータ速度
デジタル処理能力1000回/秒です。 A/Dコンバータ速度
デジタル処理能力100回/秒です。 A/Dコンバータ速度
データの記録にメモリカードを使用します。 使用するメモリカードの種類は機種により異なります。
パソコン用の専用ソフトウェアが弊社ホームページよりダウンロードできます。
持ち運びに便利な専用ケースです。 別売品として提供